記事一覧

馬の放牧

ファイル 292-1.jpgファイル 292-2.jpgファイル 292-3.jpgファイル 292-4.jpg

現在、馬だけで90頭位います。
毎日必ず、具合が悪くなければ全頭放牧に出します。
一度に出せないので入れ替えで出すのですが、今の時期、オーナーさんがいる馬がほとんど馬着を着ていて、出すたびに着せかえたりしなければいけない馬がいて、手間がかかってしまい大変です。
でも一日数時間でも放牧することによって、馬のストレスは無くなります。馬の病気はストレスからくるものがほとんどといっても過言ではないと思います。それだけ放牧は大事なのです。
乗馬クラブによっては、馬小屋とつなぎ馬と馬場で乗られるだけで、放牧をさせてもらえないところがあります。そうすると日増しにストレスが溜まっていき、人を噛んだり、蹴ったりして手に負えなくなるのです。
馬が自分で寝転がったり、走りたければ走り、跳ねたければ跳ねさせてあげる自由時間を一日に一度だけ作ってあげればのんびりとした優しいいい馬に育ちます。

「奥方よ 旦那をたまに 放牧に」