記事一覧

馬の受け入れ

まず、ここ佐久市はもうスタンドがほとんど開いていて、車が列をなしている光景は見なくなりました。
新潟方面から燃料が運ばれてくるようなので、心配ないらしいです!
東京方面から来られるお客様は帰りに満タンにして帰っていただけます。どうぞお出かけください。
さて、今回の災害でいくつかの乗馬クラブや個人で馬を飼っていた方も沢山被害にあっています。報道では人命が優先されていて、動物たちのことは二の次扱いになっています。
乗馬クラブが馬ごと流されたところもあります。乗馬クラブは残ったが、餌が届かないところもあって、どうしたらいいかと相談もいただきました。
飼っていた馬を置いて逃げている方もいます。
置いていかれた馬は餌と水が底をつき、いずれ餓死するのでしょう。
想像するだけでいたたまれなくなります。
私どもの牧場は餌と水の心配はないし、牧場内に空いている馬小屋が10頭分と三千坪の放牧場があります。
もし、一時的にでもかまわないですから馬を避難させたい方がいらっしゃいましたら申し出てください。
交通に差し支えなければお迎えに行きます!