記事一覧

上越教育大学附属小学校

ファイル 386-1.jpgファイル 386-2.jpgファイル 386-3.jpgファイル 386-4.jpgファイル 386-5.jpg

先日、新潟の上越教育大学附属小学校の1年生の担任の先生が来られ、ミニチュアホースを生徒たちに飼育させたいと申し入れがあり、今日1頭持って行きました。
半年間のレンタルです。
この学校の教育方針が、ただ毎日教室で6時間勉強を教えるのではなく、外で野菜を育てたり、動物を飼育させたり、とにかく課外授業が多く、人間形成を優先に考えた学校のようです。

子供たちが楽しみにしてくれていて、トラックが学校に入るなり取り囲まれ、早く本物の馬を見たいと大はしゃぎでした。
それより私が驚いたのはグランドの他に広い草地があり、その中に畑があり、秘密基地らしきものがあり、なんだか私たちが子供のころの普通の「空き地」と思わせる雰囲気で懐かしく感じました。
すり傷だらけの子供が多く、子供が子供らしく遊べて本当に羨ましいかぎりです。

そんな一角に馬の放牧場をちゃんと草を刈らずに残してくれていて用意してくれていました。
さっそく放牧場に放してあげた馬は喜んで草をほおばって食べていました。
1年1組の生徒40人に質問を受け付けて、餌や病気、飼い方、馬の本能のこと、いろいろ教えてきました。
最後に全員に一人一人「道草を食う」という意味の語源を教えながら散歩の練習をさせました。
全員上手にでき、今日から少しずついろいろ馬から学んで欲しいものです。
この仕事をやっててよかったと改めて感じた一日でした。

毎日楽しみにこのブログを読んでくれている先生から「今日は子供も見るかも知れないので今日だけはちょっとお願いしますね」と笑いながら言われました。^_^;

「上越と 俺の心は 五月晴れ」