記事一覧

馬小屋視察

ファイル 524-1.jpgファイル 524-2.jpgファイル 524-3.jpgファイル 524-4.jpgファイル 524-5.jpg

立科小学校の4年1組のクラスの児童が夏休みに先生と一緒に、ポニーを飼う為に牧場に体験に来られたのを覚えてますでしょうか?
(8月4日のブログ参照してみてください)

最近やっとじんましんが治まってきたと思いきや、胃腸が悪いせいか、また出て来てかゆい今日このごろです。
そんな体調が悪い中、馬小屋ができたので、一度見に来てくださいとのことで、今日見てきました。
写真のようにりっぱな大きい馬小屋がほとんど出来上がっていました。
自分たちの4年1組の教室の前に馬小屋を造っていました。
どこからか廃材をもらってきて、本当に子供たちだけで造ったらしく、手作り感があふれていました。
全員参加して約3ケ月かけて一日少しずつ、コツコツとアイデアを出し合いながら一生懸命造ったんですと先生から話を伺いました。

今日、3時限目の授業をわざわざ空けてくれて、先生と児童31名とで馬小屋の中でポニーの飼い方、習性などを話してるうちに、あっという間に一時間が過ぎていました。
次の授業があるため、あわてて質問を受け付けて、児童達とお別れをしてきました。
12月の初めごろにポニーを連れていくようになりそうです。

児童たちは全員生き生きとして、小屋を自分たちで造ったんだという達成感がにじみ出ていました。
学校で馬を飼うって、考えたらすごいことですよね!
うちのポニーがこの子たちの今後にどのような影響を及ぼすか楽しみです。

帰り際に児童たちがおみやげにと、ぎんなんをニコッと笑って手渡してくれました。

「いちょうにと ぎんなんいかが 子供たち」