記事一覧

入院

ファイル 526-1.jpgファイル 526-2.jpgファイル 526-3.jpg

昨日、午前10時に病院の皮膚科に予約を入れていたので行ってきました。
最近じんましんがよく出るので4回目の受診でした。
そのたびにもらうアレルギーの薬を飲むと余計にじんましんが出るのです。
医者に話してもそんなことがあるはずがないと信じてもらえず、私の思い違いかなと思い、牧場に帰ってから試しに飲んでみました。
案の定、時間が経つにつれ、じんましんが全身に広がり、お客さんと話してても咳が出て会話にならなくなってきたので、急いで家路に向かいました。
寝ててもかゆいのが通り越して痛くなってきて、咳が止まらず、呼吸困難になってきました。
徐々に熱も出て来て意識が薄れてきたので慌てて病院に連れて行ってもらいました。
運悪く、同時に救急車も到着し、そちらを優先にされて待たされてたのですが、見かねた看護師さんが酸素吸入だけ先にやってくれました。
だんだん楽になってくるのがわかりました。
救急外来だったので、研修医しかいなかったのですが、その後点滴をしてくれたら徐々にじんましんも引いていきました。
終わったのは朝方4時。
そのまま入院となり、牧場に8時に馬を買いに来るお客さんがいたので7時に退院させてもらいました。

現在17時ですが今のところ咳もじんましんも大人しくしてくれているようです。
点滴がやはり効いたようです。
しかし、健康のありがたみって病気にならないとなかなか気づかないものですね。

「無意識に ネタのためにと 写メ撮りつ」