記事一覧

レモンちゃん パート2

ファイル 539-1.jpgファイル 539-2.jpgファイル 539-3.jpgファイル 539-4.jpgファイル 539-5.jpg

つづき

そのあと児童たちは教室に戻り全員割烹着に着替え、先生もエプロンをつけて全員で給食の準備に取り掛かりました。
私はその間、レモンちゃんを受け入れるための心構えや、準備するもの、接し方、餌のやり方、レモンちゃんがどうしたらストレスが溜まらないかという項目がかかれた半紙が教室いっぱいに張られてたのを見せてもらっていました。
私が想像してた以上にこの子たちは真剣に取り掛かろうとしていました。

給食の準備が整い、「いただきます」をしてからいただきました。
前回、上越教育大学附属小学校でいただいた以来で、児童たちと一緒に食べる給食は格別です!
食器はプラスティックでした。
私たちのころは鉄の器に鉄の箸。(-"-)(囚人か)
学校の中に給食センターがあり、できたてで、味はとてもおいしかったです。

食べた後、ラジオ体操のような掛け声が入った音楽が流れ始め、それに合わせて児童たちが歯磨きをしました。
教室内に水道があり、そこでうがいをしていました。

私たちのころは、食後、1年生から6年生まで全員教室で上半身裸になり、やはり音楽に合わせて、たわしの両端にひもがついたのを身体にこすりつけて乾布摩擦をやりました。
たわしで身体をこするなんて考えられんでしょ!
最初痛くて血を流しながらやってる子もいました。
信じられないでしょうけど本当なんです。
6年生の男女も同じ教室でやったのです。
目のやり場に困りました。(そんなことは聞いていません)

ちょっと話がそれましたね。^_^;

みんなとお別れをして、2か月後に蹄を切りがてら様子を見に行こうと思います。
レモンちゃん、4年1組の児童たちをよろしくね!
みんないい子たちだよ。
可愛がってもらってね。


*今日は子供たちが見るかもわからないのでオチはありません。