記事一覧

ももこのお別れ会 その2

ファイル 542-1.jpgファイル 542-2.jpgファイル 542-3.jpgファイル 542-4.jpgファイル 542-5.jpg

すてきな合唱をプレゼントしてくれました。
耳に残るすばらしい歌でした。
このときすでに限界にきていたのに、先生から藤原さんから一言お願いしますと言われ、みんなの前に立ちました。
先生、このタイミングあかんやろって思いました。
児童は意外とさばさばしていたのですが、保護者の方の涙をぬぐっている姿を見て、いっきに私もこらえきれずに嗚咽してしまいました。
しばらく言葉にならなくて、お礼と感謝の気持ちと述べさせていただきましたが、たぶん聞きとれていなかったでしょう。
親の葬式でも泣かなかったのに1年生のパワーはすごいです!

私のあと、終わりの言葉を児童の代表者が述べてくれました。
高橋先生もその次に、児童のシート(作文)を読んでくれました。
先生も感極まって泣いていました。

先生から帰ってからメールが届きました。
「子供の前で泣ける大人は素敵です。美しい涙は一年生の子供にも分かるんです。今夜は飲みたい気分です。」

いい先生ですね。
なんだか私も心の中の腐った何かが目から膿として出たのでしょう。
ブログにオチはいらないと思った瞬間でした。

それから外に出て、いよいよももことの本当のお別れです。
ももこは意外にすたすたとトラックに自ら乗り込み、みんなを見おろしていました。
「ももこー 行かないでー」
最後はやはり児童たちもこらえきれずに泣き出しました。
保護者の方も泣いてくれています。
でもトラックの後ろのあおりは無情にも上がっていきます。
お互い涙しながら手を振ってお別れしました。

帰りのトラックの中はスマイルアゲインを口ずさみながら前方が霞んで見えなかったのは言うまでもありません。

つづく